2008年04月24日

ニーズのあるCADオペレーター

アパレル業界などでもニーズのあるCADオペレーターは、従来の手描きなどに比べ設計変更が容易なことから生産までの納期が短縮でき、様々な需要に迅速に対応できるなどの特殊性があります。

電気や電子関連など様々な産業において誰がやっても同じような設計の作業ができるようにする仕事ともいえるためパソコンはもちろん3D的な感覚や根気さなども必要であるといえます。

CADオペレーターになるにはとにかくCADが扱えれば良いわけなので特に資格などは取得を目指すのも良いですが、どうしても必要というわけではありません。

現場で働くたいていの技術者は自ら様々な学習材料にあたり、必要なスキルを身につけるため様々な方法を駆使しているようです。

建築や自動車といった産業などたくさんの活躍が期待できる現場があるようです。

またロボット産業において注目したいのが設計の現場で一般的な操作スキルに加え3次元での作成能力があるとより有利になっているのが現状といえそうです。

将来この技術を学び自分の職業として役立てたいとするなら、いろんなスキルや知識が必要ではありますがとにかく3次元CADを操作できる能力を身につけることが重要といえるでしょう。

posted by ako at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。